小説の書き綴り

短編小説、雑学、ニュース記事などを雑記に書き綴ります。

小説

湯豆腐と冬の絆

嬉野温泉どうふ2丁セット 湯豆腐 湯どうふ 惣菜 鍋 わが街とくさんネット Amazon 冬の冷たい風が吹き抜ける夜、小さな町の静かな家で、ユミは湯豆腐を作っていた。彼女の家は古く、暖房設備も完備していないため、冬の寒さは身にしみる。「でも、湯豆腐があ…

ラーメン屋の挑戦

ラーメン慶次郎【監修・慶次郎「環七の行列のできる人気店」 東京 板橋本町】冷凍 で美味しさそのままパック (3食入り) 相伝麺 Amazon 秋風が心地よいある日、都会の賑やかな街角にあるラーメン屋「麺屋雷」で、青年・慎太郎は元気よく店のドアを開けた。店…

味噌田楽の思い出

上原本店 国産 10パック 匠のみそ田楽 (味噌田楽コンニャク) こんにゃく 上原本店 Amazon 秋の朝日が煌めく小さな田舎町で、静かに老舗の和食店「ひなた」がその日の営業を始めていた。店主の良太郎は、丁寧に味噌田楽の準備をしていた。 この味噌田楽は、地…

おでんと冬の絆

いちまさ 玉子入りおでん 常温保存可能 6種6個入り(430g×8袋) いちまさ Amazon 冬の寒さが身に染みるある夜、都会の片隅にぽつんと灯りをともす小さな屋台があった。その屋台の名は「冬の温もり」。ここでは、心温まるおでんが人々を温めていた。店主の健一…

ビールと枝豆の夏の約束

[新・辛口 生 ビール]アサヒ スーパードライ 缶 [ ビール 350ml×24本 ] スーパードライ Amazon 夏の暑さが厳しいある日の夕方、都会の喧騒を抜け出し、翔太は小さな居酒屋に足を運んだ。店内には涼しげな風鈴の音が響き、翔太はほっと一息つきながらカウンタ…

懐かしい味の再会

くらづくり本舗 最中 福餅入り 小倉餡 9個入 くらづくり最中 【福蔵】 川越名物 のし対応 ギフト 川越菓匠くらづくり本舗 Amazon 夏の暑さが和らぐ頃、都会の喧騒を離れた郷里へと向かうバスの中で、明美は窓外の風景を眺めていた。彼女は長年都会で生活して…

カツカレーの小さな奇跡

【松屋】ロースかつ & カレ-セット『三元豚ロースかつ×4枚 オリジナルカレー×4食』 ( 冷凍食品 冷凍 セット カレー 詰合わせ 詰合せ 松屋 カツカレー カレー ロースかつ 牛めしの松屋 ) 松屋 Amazon 秋風が吹き抜ける小さな街の片隅で、絵里子は古びた洋食屋…

野球場の約束

憧れを超えた侍たち 世界一への記録 侍ジャパントップチーム Amazon 夏の終わりのある日、町の小さな野球場で、タクミはボールを握りしめてマウンドに立っていた。彼は地元の野球チームのエースで、今日は大事な試合があった。「これが最後の夏だ。絶対に勝…

麻婆豆腐の絆

新宿中村屋 本格四川 コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐 155g×5個 中村屋 Amazon 冬の寒さが厳しいある夜、都会の小さなアパートメントで、真由美は麻婆豆腐を作っていた。彼女は中華料理が得意で、特に自家製の麻婆豆腐は友人たちにも評判だった。「この辛さが…

時の守り人

[シチズン Q&Q] 腕時計 アナログ 防水 ウレタンベルト VP46-852 ホワイト Q&Q(キューアンドキュー) Amazon 時は流れ、静かな街の片隅にある時計屋で、老時計師のカズオは一つの腕時計を手に取った。この腕時計は彼が若いころに自ら作り上げたもので、何十年…

クリスマスケーキの願い

morin クリスマスケーキ 2023 予約 4号 12cm(2名 ~4名) 予約 Xmasケーキ イチゴ 苺 いちご 練乳 ショートケーキ ケーキ デザート ギフト スイーツ プレゼント (お届け日その他・ご指定) 菓匠∞もりん Amazon 雪が降りしきるクリスマスイブの夜、小さな洋菓子…

拾われた猫、繋がれた心

君の膵臓をたべたい (双葉文庫) 作者:住野よる 双葉社 Amazon 春の朝、小さな路地で、カナは一匹の捨て猫を見つけた。猫は痩せており、体中が汚れていたが、カナの目にはただ愛らしく映っただけだった。「大丈夫、もう一人じゃないよ」と彼女はその猫を優し…

影の支配者

陰の実力者になりたくて! 03 作者:逢沢 大介 KADOKAWA Amazon 深夜の街、静かにその姿を現したのは、物語の裏で糸を引く男、黒崎だった。彼の存在は世間にはほとんど知られていない。しかし、この街の裏社会では彼の名は伝説として囁かれていた。「計画通…

YouTuberの夢追い人

ひきこまり吸血姫の悶々 3巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 作者:小林湖底(GA文庫/SBクリエイティブ刊),りいちゅ スクウェア・エニックス Amazon 午後の日差しを浴びながら、リョウは自分のカメラをセットアップしていた。彼は最近、YouTubeで…

もみじの紅葉と秘密の時間

無職転生 ~蛇足編~1 (MFブックス) 作者:理不尽な孫の手 KADOKAWA Amazon 秋深いある日の午後、ソウタは公園のベンチに座り、目の前に広がるもみじの紅葉を眺めていた。彼の心は、赤や黄色に色づいた葉の美しさに癒されながらも、どこか寂しげだった。「も…

雨上がりの恋

はめつのおうこく 9巻 (ブレイドコミックス) 作者:yoruhashi マッグガーデン Amazon 雨上がりの公園で、ハルは傘をたたみながら深くため息をついた。空はまだ曇っていたが、雨粒が葉から滴る音はもう聞こえなかった。「雨上がりの空気って、何だか切ないね」…

紅茶の約束とお菓子の記憶

ひきこまり吸血姫の悶々 2巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 作者:小林湖底(GA文庫/SBクリエイティブ刊),りいちゅ スクウェア・エニックス Amazon 秋の午後、アンナはいつものカフェで紅茶を楽しんでいた。窓の外は落ち葉が舞い、穏やかな日差し…

夢の書架

陰の実力者になりたくて! (12) (角川コミックス・エース) 作者:坂野 杏梨 KADOKAWA Amazon 今週のお題「最近読んでるもの」 最近の夜は、古い本の匂いに包まれながら、静かな図書館の一角で過ぎていく。そこには薄暗いランプの下、古典から現代文学まで…

夢幻の如く

はめつのおうこく 9巻 (ブレイドコミックス) 作者:yoruhashi マッグガーデン Amazon もしもこれが夢ならば、どれほどよかったことだろう。そんな思いを抱きつつ、陽一は目を覚ました。寝汗でべたつくシャツを脱ぎながら、彼は夜空を見上げた。星はまばらに光…

君に届け、心のメロディー

ひきこまり吸血姫の悶々 (GA文庫) 作者:小林 湖底 SBクリエイティブ Amazon 深夜のラジオ局から流れるメロディーが、タカシの心に静かに響いていた。彼は夜な夜な、この時間を楽しみにしていた。「こんばんは、リスナーのみなさん。 今夜もあなたにとって大…

雷鳴と恋心

ひきこまり吸血姫の悶々2 (GA文庫) 作者:小林 湖底 SBクリエイティブ Amazon 空は突如として暗くなり、遠くで雷が鳴り始めた。静かな午後の読書を楽しんでいたエミは、本から顔を上げて窓の外を見た。稲光がきらめくたびに、彼女の心は古い記憶へと引き戻さ…

数独の魔法

はめつのおうこく 9巻 (ブレイドコミックス) 作者:yoruhashi マッグガーデン Amazon 今週のお題「最近読んでるもの」 数独というパズルには特別な魔法があると、昔から町の人々は囁いていた。それはただの数字遊びではなく、運命の糸を紡ぐという伝説があっ…

コードと恋のシンフォニー

はめつのおうこく 2巻 (ブレイドコミックス) 作者:yoruhashi マッグガーデン Amazon ミドリはある朝、会社のデスクに着いたときに、いつもと違うメールを受け取った。それは「Excel VBAコースの受講生募集」という内部研修のお知らせだった。「VBA…

里芋の唐揚げと運命の糸

陰の実力者になりたくて! (12) (角川コミックス・エース) 作者:坂野 杏梨 KADOKAWA Amazon 今週のお題「芋」 秋深まる1953年の東京。若き料理人のタクミは、母の故郷から届いた里芋で唐揚げを作ることに熱中していた。彼にとって、この料理は幼い頃の懐…

静かなる愛の誓い

陰の実力者になりたくて! 06 作者:逢沢 大介 KADOKAWA Amazon 1943年、戦時下の日本。 静岡県の小さな村で、幼なじみのケンジとミユキの心は、純粋で切ない愛に満ちていた。ケンジはやがて召集令状を受け取り、戦地へと向かう運命にあった。 「ミユキ、僕…

秋の芋畑

誰でもできる作曲ソフト4 アイアールティー Amazon 陰の実力者になりたくて! 06 作者:逢沢 大介 KADOKAWA Amazon 今週のお題「芋」 秋の日差しの中、小さな町のはずれに広がる芋畑で、物語は始まる。さやかは、都会の喧騒から離れ、祖父母の運営する畑で…

芋の思い出

陰の実力者になりたくて! (12) (角川コミックス・エース) 作者:坂野 杏梨 KADOKAWA Amazon 今週のお題「芋」 秋の風が心地よく吹く中、私たち家族は畑へと足を運んだ。目的は一つ、今年も美味しい芋を掘り上げること。私の祖父が畑を耕し、毎年私たち家…

カフェの中の出会い

今週のお題「こぼしたもの」 真紀はいつものカフェで、一人で読書を楽しんでいた。 窓際の席は彼女のお気に入りで、外の景色と読書に没頭する時間が彼女の小さな幸せだった。 その日も、新しい本を開いて一息ついたところで、隣のテーブルに若い男性が座った…

納豆の糸、結ぶ心

今週のお題「納豆」 淡い朝の光が、彼の小さなアパートの窓辺に穏やかに降り注ぎ、生活の香りを静かに語っていた。納豆の独特な匂いが空間を満たし、蒸し暑い夏の始まりを予感させる。 佐藤は、目の前の納豆を優しくかき混ぜながら、その糸が切れないことに…

永遠の月

淡い月光が優雅に海を照らし、細かな波立ちが砂浜を擽る。海岸に寄せられたシャボン玉のような泡が、静かに砕け、微かな音を立てる。メリンダとリチャードは、この無言のメロディに耳を傾け、ふたりでひとつの影となり、月に願いを込めていた。 「月光の約束…