小説の書き綴り

短編小説、雑学、ニュース記事などを雑記に書き綴ります。

新しいページの始まり

 

 

新年の朝、太陽がゆっくりと昇り始めると同時に、サトルはベッドから起き上がった。
窓から見える新年の景色は、希望に満ちていて、彼の心を新鮮な気持ちで満たしてくれた。
「今年は違う。何かを変える年にする」とサトルは心に決めていた。

彼はいつもこの時期に、一年の抱負を考えるのを習慣としていた。
去年は多くの挑戦と失敗を経験し、それらから多くを学んだ一年だった。
「今年は、去年の学びを生かして、もっと前進する」とサトルは自分に言い聞かせた。

彼の今年の抱負は、自己改善と周りへの貢献に重点を置いたものだった。
サトルは自分の健康にもっと気を配り、趣味のランニングを継続すること、そして仕事で新しいプロジェクトに取り組むことを決意していた。
「自分自身を成長させ、周囲の人々にも良い影響を与えたい」と彼は考える。

サトルは新年の抱負をノートに書き留めた。
彼にとって、これはただの目標ではなく、一年間を通じての指針となるものだった。
「自分にとって大切なことを、忘れないようにしよう」と彼はノートを大事にしまった。

彼はその日、ランニングシューズを履き、冷たい空気の中を走り始めた。
足元には霜が降りていて、息は白く霧を作っていたが、サトルの心は温かかった。
「一歩一歩、確実に。今年は新しい自分を築く一年にする」と彼は強く思った。

走り終えた後、サトルは新たな気持ちで一日を始めた。
彼の一年の抱負は、自分自身との約束であり、新しいページの始まりだった。
そして、その抱負は一年を通して彼を導き、成長と成功への道を照らす光となるだろう。