小説の書き綴り

短編小説、雑学、ニュース記事などを雑記に書き綴ります。

過ぎ去りし恋、永遠の絆

 

 

美咲という女性は、彼女の明るい笑顔と優れたピアノの腕前で、僕の心をいつも惹きつけていた。

幼なじみである彼女は、結婚を間近に控えた婚約者の蓮という男性と幸せそうに過ごしていた。

彼は美咲にとって完璧な存在で、僕には到底叶わない相手だった。

 

僕と美咲は同じ大学に進学し、彼女の結婚式が近づくまで、いつものように一緒に過ごしていた。

僕は密かに彼女に想いを寄せていたが、告白する勇気がなく、想いを胸に秘めていた。

 

ある夕暮れ時、美咲と僕は公園のベンチで語り合っていた。

彼女が突然涙を流し始め、「明日結婚するけど、蓮が私のピアノの夢を応援してくれるのか不安で......」と言った。

僕は彼女を抱きしめ、自分の想いを告げるべきか悩んだが、彼女が幸せになるためには、蓮と結ばれることが一番だと思い、言葉を飲み込んだ。

 

翌日、美咲の結婚式が無事に行われ、僕は彼女に別れの言葉をかけた。

「お幸せに」と言いながら、僕の心は痛みで溢れていた。

 

数年後、僕は新しい恋愛に踏み込むことができず、美咲のことを想い続けていた。

ある日、僕の元に美咲から手紙が届いた。

開けてみると、彼女の字で「ありがとう。あなたと過ごした時間が私の宝物です。私のピアノの夢も、蓮と一緒に叶えられそうです」と書かれていた。

 

その手紙を読み、僕は涙が止まらなかった。

美咲は僕の気持ちを知っていたのだろうか。

それともただの友人として感謝されているだけだろうか。

答えは分からないまま、僕は彼女の想い出を胸に、過ぎ去った恋を悼み続けた。

 

ある日、僕は偶然にも美咲のピアノのコンサートに招待された。

長年の夢である彼女の演奏を聴く機会を得られたことに胸が高鳴った。

コンサート当日、僕は緊張しながら会場に向かった。

 

美咲は舞台上で輝いていた。

彼女の演奏は、まるで天使の歌声のように美しく、僕の心を揺さぶった。

演奏が終わると、会場からは感動の拍手が送られた。

 

アンコールが終わった後、僕は美咲に会いに行くことに決めた。

彼女が楽屋に戻るのを待って、僕は思い切って声をかけた。

「美咲、本当に素晴らしい演奏だったよ。おめでとう」と言うと、彼女はにっこりと笑った。

 

「ありがとう。あなたがいつも私の夢を応援してくれたおかげで、今日ここに立てているんだと思う」と彼女は言った。僕は涙が止まらなくなり、その場で号泣してしまった。

 

美咲は優しく僕を抱きしめ、「ありがとう。これからも友達として、ずっと支えてほしい」と言った。

僕は彼女の言葉に胸を熱くさせ、自分の想いを胸に秘めながら、美咲の夢をこれからも見守り続けることを誓った。

 

それから数年が過ぎ、僕も新しい恋愛に踏み出すことができた。

美咲は幸せな家庭を築き、蓮と共にピアノの夢を追い続けていた。

僕たちはそれぞれの人生を歩みながら、遠くから互いを支え合っていた。

 

僕は美咲との過去の恋を悼むことなく、彼女が幸せであることを心から祝福していた。だって、彼女の幸せが、僕にとっても最高の幸せだったのだから。