小説の書き綴り

短編小説、雑学、ニュース記事などを雑記に書き綴ります。

図書館で見つけた恋

 

 

春の風がそよぐ中、桜の花びらが舞い散る町並み。

陽気な笑い声が響く中で、彼女はいつものように彼を探していた。

彼女の名前は美咲、彼の名前は悠真。二人は幼なじみであり、同じクラスメートでもあった。

 

ある日の放課後、美咲は図書館で悠真に出くわした。

彼は本に夢中で、時折眉をぴくりと動かしていた。

美咲は彼の真剣な表情に見とれ、初めて自分が彼に惹かれていることに気づいた。

彼女は顔を赤らめ、気まずそうに彼の隣に座った。

 

その後も二人は放課後に図書館で過ごすことが多くなり、互いの趣味や夢を語り合った。

美咲は悠真の瞳に映る世界が大好きだった。

彼の瞳は、どんな時も美しい光景を映し出していた。

 

やがて、春の終わりが近づき、桜の花が散り始める頃、美咲は自分の気持ちを伝える決心をした。

ある日の放課後、彼女は悠真に呼び止められる。

桜の木の下で、彼は不安そうな表情で話し始めた。

 

「実はね、僕、夏休みに海外留学することになったんだ。」

彼の言葉に、美咲の心はざわついた。

彼女は悲しみにくれながらも、彼の夢への熱意を応援する気持ちでいっぱいだった。

 

桜の花が舞い散る中、美咲は涙をこらえて彼に微笑んだ。

「悠真くん、素晴らしい経験ができるね。

私はいつもここで応援しているから、帰ってきたらまた一緒に図書館で過ごそうね。」彼は感謝の笑顔で頷いた。

 

最後の日、桜の花びらが二人を包み込むように舞い散った。

初恋は儚く、切なく、でも美しい。美咲はその気持ちを胸に刻み、悠真を送り出した。そして、遠く離れた場所での悠真の成功を祈り続けた。

 

月日が流れ、夏が過ぎ、秋が深まる頃。美咲は手紙を受け取った。

悠真からの手紙だ。彼の字は丁寧で力強く、留学生活での出来事が詳細に綴られていた。

美咲は彼の言葉に安堵し、心から喜んだ。

 

冬が過ぎ、再び春が訪れた。桜の花が再び咲き誇る頃、悠真が帰国することになった。美咲は心躍らせ、彼を迎えに行く準備を整えた。

 

空港で再会した二人は、お互いに少し照れくさそうに笑った。

悠真は成長し、美咲もまた大人びた雰囲気をまとっていた。

その変わらない笑顔に、美咲は胸が高鳴った。

 

再び桜の木の下で過ごす二人。

悠真は海外での経験を語り、美咲は彼の話に心から感動した。

そして、美咲はついに勇気を振り絞り、悠真に告白した。

 

「ずっと前から、悠真くんのことが好きだったんだ。」

彼女の言葉に、悠真は驚いた顔をしたが、優しく微笑んだ。

 

「ありがとう、美咲。僕も実はずっと好きだったんだ。」

彼らの気持ちは重なり、桜の花が舞い散る中、二人は初めての恋を確かなものにした。

 

時が経ち、桜の花が散っても、二人の恋は淡く美しいまま続いていた。

やがて、彼らは成長し、夢を追い求める道を選んだ。

そして、その道の途中で何度も出会い、別れ、再び出会った。

桜の花が舞い散る度に、彼らは初恋の想い出と共に歩んでいった。